ムシバイは食べるだけで虫歯予防や口臭ケアにつながると口コミで評判の商品です。小さな子どもでも食べやすい味とサイズで、歯磨きの習慣をつける際にも役立ちます。そこで、ムシバイの販売店やお得な購入方法、使用した人の口コミなどを紹介します。

ムシバイの販売店は公式のみ!返金保証付キャンペーン中

ムシバイ

ムシバイは公式サイトから通販で購入できます。
楽天市場やAmazonなどの通販サイトや、実店舗では取り扱っていないので、購入を考えている人はまず公式サイトへアクセスしてみましょう。
公式サイト

万が一、公式サイト以外の販売店でムシバイを見かけても、購入しないほうが無難です。

類似品や偽物、もしくは公式サイトから購入したものをそのまま転売している販売店もあります。
どのような環境で保管されていたかも、いつ入荷したかも分かりません。
服用することで副作用や健康被害を引き起こすおそれもあるため、決して購入しないようにしましょう。

ムシバイ

公式サイトでは初回限定980円(税別)で購入できるキャンペーンを実施しています。
キャンペーンに申し込むと通常価格から約87%オフの価格で購入できるだけではなく、全国どこでも送料無料です。
2回目以降の購入時も、37%オフで購入できます。

さらに、30日間全額返金保証も適用されるため、万が一子どもの口に合わなかったり、効果が感じられなかったりしても安心です。
返金を希望するときは、まずコールセンターに連絡をして、返金を希望する旨を伝えます。
その後、指定された住所に使用した商品の容器を返送すれば、手続きは完了です。
手続きの方法は、コールセンターで詳しく教えてもらえますよ。

こちらは先着300名限定のキャンペーンなので、気になる人は早めに申し込みましょう。

→ムシバイの公式サイトはこちら

ムシバイの成分は副作用がない?アレルギーは?

子どもに与えるものは、できるだけ安全性が高く、品質が保証されているものを選びたいですよね。

ムシバイには副作用やアレルギーのリスクはないのでしょうか?

 副作用

ムシバイの口コミを調べたところ、副作用があったという人は見当たりませんでした。

ムシバイの公式サイトにも、副作用や健康被害についての報告はありません。

ムシバイは原材料の選出から製造、出荷に至るまで、GMP認定工場で管理を行っています。
GMPとは、厚生労働省により定められた、適正な品質と安全性を確保するための基準のことです。
さらに、第三者機関によって放射線物質検査も行われているため、安全性は保証されています。

ムシバイ

砂糖や果汁は使われていないため、歯磨きの後に使っても虫歯になる心配はありません。
殺菌剤や発泡剤、界面活性剤などの添加物も一切配合されていないので、デリケートな体質の子どもにも、安心して食べさせられますよ。

ただし、ムシバイには大豆が含まれているため、大豆アレルギーの子どもに与えることはできません。

さらに、ムシバイに配合されているキシリトールは、大量に摂取するとお腹がゆるくなる成分です。
キシリトールによる反応はあくまで一時的なものですが、体質によっては症状が強く出る場合もあります。
子どもが食べすぎないよう適切に管理しましょう。

クリスパタス菌とは

ムシバイには「ヒト由来クリスパタス菌KT-11」という聞きなれない成分が配合されています。

本当に子どもに与えても問題ないのでしょうか?

ムシバイ

クリスパタス菌とは乳酸菌の一種で、もともと人の体の中に存在する菌です。
特に、女性の産道に多く棲息しています。
熱に弱い乳酸菌が多いなか、クリスパタス菌は180℃で加熱しても正常な機能をキープできる、生命力の強い菌です。

ムシバイ

虫歯を予防する方法にもいくつかの手段がありますが、口の中を殺菌する方法は虫歯菌や歯周病菌だけではなく、善玉菌まで殺してしまう可能性があります。
クリスパタス菌を摂取すると、口内の善玉菌の数が悪玉菌の数を上回り、虫歯菌や歯周病菌の働きを抑えてくれるのです。

さらに、口内で新たな善玉菌が生まれるサポートをしたり、炎症を予防したりする作用もあるため、口腔トラブルの総合的なケアが期待できます。
虫歯予防だけではなく、口臭が気になる子どもや、歯周病が心配な子どもにもぴったりですよ。

また、ムシバイに含まれるPS-B1も、クリスパタス菌と同様に、善玉菌の働きを助ける成分です。

なお、ムシバイの乳酸菌は大豆を用いて作られているため、乳アレルギーの子どもも問題なく使用できます。

ムシバイ
ムシバイ
ムシバイ

本当に良いの?最新口コミ情報をチェックしてみた

口コミ

実際にムシバイを愛用している人から届いた口コミを見てみましょう。
口コミ

「こちらを使い始めてから子どもの口臭がなくなってビックリ!成長するにつれて口臭が強くなってきたので、どうしたらいいのか悩んでいました。最初は虫歯予防を期待して購入しましたが、口臭もケアまでしてくれるなんて、予想外ですが嬉しい効果です。」


「1歳半くらいのときに、歯医者さんから虫歯になりやすい体質といわれました。こちらを使うようになってからは、新しい虫歯はできていません。普段から歯のケアに気を付けていたからだとは思いますが、ムシバイがサポートしてくれているのも確かです。」


「こちらを使い始めてから、仕上げ磨きをいやがらないようになりました。気に入ってくれたのは良かったのですが、歯みがきのとき以外でもムシバイを欲しがるようになってしまいました。時々ですが、勝手に食べてしまったり、兄弟で取り合いになったりすることも・・・。もっと量が多ければ良かったのですが・・・。」


「少し前まで虫歯予防効果が高いと話題になった子ども向け歯磨き粉を使っていましたが、ムシバイに切り替えました。お菓子のような味で子どもは気に入っているようですが、大豆が入っているので、アレルギー持ちの下の子は食べられません。結局上の子しか使えず、下の子には気の毒な事をしてしまいました。」


「余程おいしかったのか、子どもたちが「他に味ないの?」と聞いてきます。どうやらお菓子と勘違いしているようです。それでも、歯みがきを好きになるきっかけになってくれたので、ムシバイには感謝しています。」

口コミにもあるように、たくさんの子どもたちがムシバイをきっかけに、歯みがきをする習慣がついたことが分かります。
ただし、アレルギーを持っている子どもに与える際は、成分の中にアレルゲンが含まれていないか十分注意しましょう。

ムシバイの効果をアップさせる使い方

ムシバイの使い方は非常に簡単です。
ハミガキの後、子どもに食べさせるだけです。
ただし、使い方次第では、ムシバイの効果をさらに引き出すこともできます。

ムシバイ

まず、食べさせるタイミングは就寝前の歯磨き後がおすすめです。
噛み砕いて食べるのではなく、飴をなめるようにゆっくりと口の中で溶かすよう指導しましょう。
ゆっくり食べることで、ムシバイの配合成分が口の中全体に行き渡り、虫歯菌や歯周病菌の働きを抑制してくれます。

ムシバイ

また、歯みがきをいやがる子どもには、ご褒美としてムシバイを与えることで、歯みがきの習慣がつく可能性があります。
ムシバイは子どもが好むヨーグルト風味のチュアブルです。
「歯磨きを頑張ればご褒美がもらえる」ということを教えてあげることで、親も子どももストレスを感じることなく、毎日のはみがきができるようになりますよ。

なお、ムシバイは歯が生えていれば、離乳食が終わった直後の子どもでも使用できます。

粒が大きく、きちんと飲み込めるか心配なときは、スプーンなどで小さく砕いてから食べさせてあげましょう。

ムシバイの摂取量の目安は1日1粒です。
一度にたくさん食べたからといって、効果がアップするわけではありません。
効果を引き出すには、大量に食べるよりも長期間継続して食べることのほうが重要です。
最低でも3カ月は様子を見ながら続けてみましょう。

詳しい使い方や口コミは、ムシバイの公式サイトでも公開されているので、気になる人はぜひ一度チェックしてみましょう。

ムシバイ

→ムシバイの公式サイトはこちら