デトランスa
ワキ汗に悩んでいてデトランスαを使ってみても、イマイチ効果が分からない…

デトランスαは効かないんじゃないか?と

不安な声があったので原因と対策方法、効果的な使い方についてご説明します。
⇒メリットしかない!【デトランスα公式サイト】を今すぐ見る

デトランスαが効かないは嘘!?原因はココにあった!

デトランスαが効かない!と言っている人たちの特徴を知ると原因と対策ができます。

意外な落とし穴があったので調査結果をまとめました。

デトランスαが効かない人の特徴

  • アルコールに弱い肌質で塗ると肌が焼けるような痛みを感じた
  • 使い始めの数回、塗った後にかゆみを感じた
  • 塗った後かゆみがあり、濡れタオルでふき取った

口コミの中で最も多かった単語が「痛い」「かゆい」でした。

使用を断念している方の多くは、かゆみが出た時点で使わないと決めている方が多いようです。

なぜかゆみが出るのか?
また、痛みが出る人もいるのはなぜか?

この件に関して調査すると、デトランスαは海外製品であることが分かりました。

デンマーク製なので日本人の肌に合う基準で作られていないという点が痛みやかゆみにつながっているようです。

では、その痛みとかゆみの原因は?
というと、「塩化アルミニウム」が多く含まれているという事が分かりました。

日本人の肌に適しているとされている塩化アルミニウムの量は20%くらいまでと言われていますが、デトランスαにはそれよりも多く含まれている点が最大の原因だろうと考えられます。

もちろん、問題なく使われている方もいらっしゃるので日本人の肌全員に合わないというわけではなく、合わない人が出てもおかしくないという事です。

特に敏感肌の方はかゆみや痛みが出やすいとされています。

この場合は、無理に使用することなく使用を止めるという判断をした方が良いでしょう。

結論は、”デトランスαが効かない”のではなく、”肌に合わなかったので使用を断念した”と言った方が正しいですね。

では、痛みやかゆみが出ず使っている方っているのでしょうか?
はい、いらっしゃいます!

きちんと効果を実感している人たちの口コミを、生の声を参考にしてみましょう。

デトランスαが効いた人の口コミ

脱毛してからワキ汗が大量に出る!

脱毛をしてからワキ汗が多くなったので汗を抑えるものを探していました。
こちらの商品を使い始めて大量のワキ汗で洋服に汗ジミが出来ていたので毎日大変だったのですが、今はサラサラが持続しています。
使うのと使わないとでは全く違うので、体調によって少しかゆみがあるけど使っています。

ワキ汗の臭いに悩んでいました

ワキ汗が出るのもそうですが、臭いにも悩んでいました。
毎日塗らないといけない商品が多い中、こちらの商品は毎日じゃなくていい点が私の中で最大のメリット。
本当に臭いが撃退できた!ワキ汗は悩むほどではなかったのですが量が減ったと思います。

永久脱毛してからワキ汗が滝のよう…

脱毛経験者なら分かってもらえると思いますが、脱毛後からワキ汗が滝のように流れるようになりました。
夏だけとか、暑いときだけではないんです!冬でもお構いなしにグッショリ濡れてました。
これはどうしようもないのか?と悩んでいたけど、こちらを使い始めて脇サラサラが持続してます。

汗っかきでワキ汗が凄いのが悩みでした

汗っかきで汗対策のインナーを愛用していました。
なのにこちらの商品を使い始めてからサラサラなんです、汗が滝のように流れることがなくなりました。
口コミで痒みがあると知っていたので想定内で使い始めたのですが、最初はかゆみが出ました。
少し痒いけど汗が止まってくれるので使い続けています。
そう言えば、最近はかゆみが気にならないですね、慣れたのか?肌が順応したのか?分かりません。

手汗に最適だった!

かゆみが出ると聞いていたのですが、手汗に悩んでいたので使ってみました。
口コミで言われているほどかゆみは感じず、それよりも手汗が収まるほど効き目があったことにビックリです。
多汗症とか手汗とか悩んでいるなら試してみた方が良いと思います。


口コミまとめ

かゆみは感じても使い続けている人がいらっしゃるし、最初だけかゆかった!という人もいらっしゃいます。

デトランスαに順応している人もいるくらいなので、よほどかぶれない限り使い続けていると慣れるのかもしれません。

ということは、人によって症状の出方が違う。
ただし、使っていると汗に関する悩みは解消される。

人によって症状の出方が分からないので試してみるのが解決の近道と考えられます。

  • 汗かきでずーっと悩んでいる方
  • ワキ汗が滝のように流れる方
  • 脱毛後にワキ汗が大量に出るようになった方
  • 手汗で悩んでいる方

試してみる価値ありです。

実は、ここで朗報があります。

デトランスαから敏感肌用が新たに出て、オリジナルと敏感肌用の両方を使えるキャンペーン中なのです。

片脇ずつ試し塗りが出来るチャンスなので「公式サイト」のみのキャンペーンをチェックしてみて♪

デトランスaデトランスaデトランスa

⇒「デトランスα」先着100名に敏感肌用もついてくるキャンペーン中!

デトランスαの敏感肌用ってどうなの?オリジナルより効果が劣るのか?

結論から言いますと、”汗への効果は変わらない”

かゆみの違いは、敏感肌用の方がかゆみを感じた人もいれば、オリジナルの方がかゆみを感じる人もいてバラバラです。

では、「デトランスαの敏感肌用」と「オリジナル」ではどう違うのか?ということになります。

それは、かゆみや痛みの原因だろう…とされている塩化アルミニウムの濃度が一番大きな違いでしょう。

  • オリジナル→20%
  • 敏感肌用→10.27%

オリジナルより敏感肌用の方が成分を約半分に抑えられています。

また、成分を比較すると…

▼デトランスαオリジナル

アルコールデナ=エタノール
アルミニウムクロリッド=塩化アルミニウム
アルミニウムラクタート=乳酸アルミニウム
プロピレングリコル=有機化合物
グリセリルステアラッド=乳化剤
セチルパルミタット=閉塞剤
スラミクロクリスタン=増粘剤
トリイドロクシステアリン=閉塞剤

▼デトランスα敏感肌用

アルコールデナ
アルミニウムクロリッド
カルシウムラクタート=乳酸カルシウム
ハイドロキシプロピルセルロース=増粘剤
水素化キャスターオイル=水素化ひまし油

どちらの成分もデオドラントに使われているものが配合されていてシンプル。
特に、敏感肌用は5つの成分だけですよね!

外国製(デンマーク製)であるデトランスαと国産のデオドラントに比べると違いがハッキリします。

国産は天然成分などが含まれているのですが、デトランスαには含まれていなくていたってシンプルな成分ばかりです。

人によってかゆみが強く出てしまうのは「天然成分の有無」が原因になっているのかもしれませんね。

デトランスa

※追加

何度か敏感肌用を使ってみるとかゆみが出なくなったという口コミが多く出て来ました。

どちらも最初にかゆみを感じてしまう可能性は高いにしても、肌が慣れてくるという経緯があるようです。

ですので、汗について本気で悩んでいる方は「デトランスα」オリジナルor敏感肌用のどちらでもいいので試してみる価値があると感じます。

⇒オリジナルと敏感肌用の両方が入手できるキャンペーンはこちら!

デトランスαの効果的な使い方のポイント6つ

使い方としては、

  • 清潔な状態にすること!
  • 肌を完全に乾かした状態にすること!
  • 塗るタイミングは夜

この3つが基本となりますので必ず守ってください。

清潔な状態にした肌に塗るのは分かるけど、なぜ乾かさないといけないのか?というと、汗腺にうまく蓋をできないからです。

お風呂上りなど汗をかきやすいタイミングで塗るのではなく、一旦汗が引くのを待つか扇風機やドライヤーの冷風で患部(塗る個所)を乾かしてください。

▼使い方のポイント1
塗る前には容器をよく振っておくこと!

▼使い方のポイント2
脇に塗る場合、汗を抑えたい部分に薄く塗ります。

かゆみや痛みがあるという口コミに不安を感じ刺激が心配な方は、コットンに少量のデトランスαを含ませて脇にひと塗りしてみましょう。

塗る量が多いとかゆみの原因になるので、調節しながら自分の適量を探しましょう。

(※肌トラブルなしに汗を抑える為の一手間なので面倒くさがらずにやってみよう!)

▼使い方のポイント3

手足に塗る場合は少量ずつ様子を見ながら塗ります。

手足は忘れがちな指の間にも塗り込むことが重要です。
しっかり指を開いて間に塗ってください。

▼使い方のポイント4

デトランスαを使用した後、その液をしっかり乾かしてください。
汗腺に蓋をする効果が半減してしまうので、「乾かすこと」を忘れないでください。

▼使い方のポイント5

翌朝になったら石鹸と水で洗い流すこと。

洗い流さないと一日中かゆくて後悔した!なんて声もあるので、必ず洗い流すようにしてください。

忙しくて洗う時間がない場合は、濡れたコットンやタオルで優しくふき取ってみてね。

▼使い方のポイント6

最初は毎晩使ってみて汗が抑えられるのか?と様子見ていきます。

敏感肌の方は毎晩ではなく1日置きにしてみて、肌に問題がないか?まで検証してくださいね。

汗が抑えられるようになってきたら、週に5日、3日と塗る回数を減らしていきます。

【デトランスαの購入方法】1本の価格で2本分のキャンペーン実施中

汗に悩んでいる方が多いので「デトランスαは効かないのか?」「デトランスαのかゆみについて」「デトランスαの効果的な使い方」について書いてきました。

じゃ、どこで購入するのか?です。

かゆみや痛みがあるなら、お試しがあるかもしれない店舗にはないのか?と皆さん考えるようですが、残念ながら実店舗での取扱いはありません。

ドンキホーテ・薬局・ドラッグストアと探してみたのですが、日本国内ではインターネットのみで販売されているという事が分かりました。

ネット通販で安いところ…というと、amazonや楽天市場を検索するでしょう。

▼amazonや楽天市場で購入するのは安全なのか?

結論から言いますと、直接肌に塗るものだからおススメしません。

なぜなら、個人輸入・並行輸入によるものが多いからです。

これらは正規代理店契約を結んでいるわけでもないので、商品は正規品ではありません。

転売品や類似品の場合は、何か問題があっても正規の保証を受けることができないので泣き寝入りするしかないのです。

もちろん、公式サイトで行っているキャンペーンに参加することもできません。

ということで、正規代理店である「YOUUP」が運営しているデトランスαの公式ホームページで購入してください。

▼公式サイト購入はメリットだらけ!

デトランスαの購入は公式サイトが安心という点はご理解していただけたと思います。

上記で紹介した他にも、なぜ公式サイトから購入するのが良いのか?メリットについて簡単にまとめたので参考にしてください。

・お試し提起モニターキャンペーンで通常4,800円が2,900円に!
・今回はオリジナルと敏感肌用の2本が1本の価格で購入できる!
(※実質1本1,450円になる)
・キャンペーン価格でオリジナルと敏感肌用の両方をお試しできる!
・2回目以降も40%OFFの大幅値引き
・確実に「デトランスα」の正規品が入手できるので安心

デトランスaデトランスa

初回モニター価格で、毎日先着100名様限定になります。
キャンペーン期間には限りがございますので、ちょっと気になるという方もチェックしてみてください。

デトランスa

\モニターキャンペーン申込ページはこちら/
⇒メリットしかない!【デトランスα公式サイト】を今すぐ見る